伊藤泰彦建築研究室 作品集 VIEW CUBE ホーム 作品集 事務所紹介 お問合わせ ito architects
home works details
主要用途 住宅
構造 木造
規模 地上2階建て
延べ面積 95.04u
竣工 2005年
所在地 東京都町田市
雑誌掲載 新建築住宅特集
2005年12月号
TV 渡辺篤史の建もの探訪
photo 中川敦玲
01 02 03 04 05 戻る
06 07 08 コメント
単一性と複合性の狭間に位置する住まい/豊かで合理的な空間性
東京町田市のはずれ、長閑な傾斜地に建つ住宅。平野・丹沢山系・富士山への眺望を得る開放的な住まいを、いかにプライバシーに配慮しながら実現するかを課題とした。
まず、容積率・建蔽率を最大に確保するシンプルな立方体を想定した。このヴォリュームに、眺望・光・風・生活行為・所有物・季節と時間を一つ一つ検証して、南北方向の台形の空洞・東西方向のスリットを与えている。こうして大きく開けられた部分が、刻々とうつろう光が演出する2階のリビングである。リビング北側のキッチン周りに収納庫・水周り・物干しスペース・ゴミ収納をコンパクトに集約し、回遊できる家事動線を設定している。
道路際と屋上には、テラスを配置した。南面の窓、トップライトでリビングと2つのテラスは視線の繋がりが得られ、道路側のテラスがあることで開放的な2階スペースのプライバシーが保たれている。
All rights reserved by Ito Architects.