伊藤泰彦建築研究室 作品集 三重県熊野古道センター(仮称) 基本設計プロポーザル ホーム 作品集 事務所紹介 お問合わせ ito architects
home works details
主要用途 展示・研究・交流施設
構造 木造(一部RC造)
規模 平屋建て
延べ面積 2,400u
提案年 2003年
計画地 三重県
01 02 03 04 コメント 戻る
「ミチ」が生み出すクウカンネットワーク
「道(熊野古道)」をテーマとした展示・情報、研究・保存、交流・研修施設の計画案である。
まず、敷地に道を横たえる。この配置は、周辺の豊かな自然・眺望と対応している。そこに木の柱を建ち並べていく。柱壁に囲まれた空間とその余白となる空間の、配置の美しさをスタディした。この複合施設の計画に対する回答として、想定される使われ方の余白の計画にこそ、将来の価値が生まれると考えた。
地場産無垢材を用いた格子梁/雲のような立体大屋根
施設を、木造の格子梁の大屋根が覆う。地場産の木材を用いた格子梁は、上下材に間伐材を用い、充腹材に板材を用いており、梁の一つ一つは4.5mと小さい。風車式に格子状に組み上げることで2,000超の一体的な大屋根をつくりだした。応力に応じて梁成を設定し、天井に変化のある表情を与えている。
All rights reserved by Ito Architects.